トリプルエックスのサイト概要やVプリカの支払い方法を詳しく紹介

下記のサイトでAV女優系月額定額会員制有料無修正アダルト動画配信サイトトリプルエックスのサイト概要やVプリカの支払い方法などを解説しています。

トリプルエックスに会員登録その前に

AV女優は言われた通りにこちらのソファーに浅く腰掛けて脚を開いた。「トリプルエックスちゃん、其れだけじゃダメだよ。ちゃんと自分でマンコ開いてよ」私はさらにAV女優を追い込んだ。「え?自分で・・うぅ・・」こういう場合のAV女優は絶対にイヤと言わない。AV女優は脚をM字に開き、太ももの裏側から手を回して、自分でマンコのびらびらを左右に開いてみせた。「おぉ!!無修正ちゃんの生マンコ!」「無修正ちゃんのマンコ、キレイじゃん!」男たちはAV女優のマンコをしげしげと見つめた。「うぅ、すごい恥ずかしよぉ・・」「無修正ちゃん、マンコから何かがだだ漏れだよ(笑)」「っつーか、ヒクヒク開いてんじゃん、穴(笑)」「もうすっかりテラテラしてるよ(笑)」「うぅ・・言わないで・・うぅ・・はやくして・・恥ずかしすぎるヨォ・・」AV女優は涙目になっていた。「あはは、かわいそうだから舐めてやるか(笑)。じゃあ、一人3分ね、一人目いいかー?」「うーす!フフフ、無修正ちゃんのマンコ、たっぷり味あわせてもらいまーす!」男がAV女優のマンコに顔を近づけた。「あー、無修正ちゃんのマンコの匂いするぅ(笑)。マン汁、すげー(笑)」「あうぅ・・言わないでよぉ・・・」そうは言うもののAV女優はきっとはやく舐めてほしいと思っているはずだ、私はそう思った。「よーい!スタート!!」「あ、んー・・んー・・」AV女優は自分でびらびらを左右に開いた汁のあふれているマンコを3人の男に舐めさせた。 この時のAV女優はいつも以上に乱れていた。数時間にわたりエロいゲームをし、全裸にもなり、生でフェラまで披露し、しまいには他の女がセックスするの間近で見たのだ、散々焦らされてエッチにならないわけがなかった。「んーっ!ああんっ!!ああんぅつ!!!ああ、だめっ!だめっ!吸っちゃだめぇーー!!」「ああ、舌いれないでぇ・・ああ、だめだって・・ああんっう!!」「無修正ちゃん、めちゃめちゃ反応いいね(笑)」「マンコ、すげー開いてるよ!」「ああんっ!!言わないでぇ・・ああん!!」「無修正ちゃんのクリ、すげーいいよ!」「ああっ!!吸っちゃだめ!!吸わないでっ!」一人3分で3人が舐め終わり、AV女優は大きく息を切らしていた。AV女優のマンコ完全にびらびらが開き切り、内側が真っ赤に熟し、透明の液がアナルまでビッチョリに濡らしていた。私はそんなAV女優を見てS心が湧き上がってきた。「トリプルエックスちゃん、もういいの?」「うぅ・・」「もっと舐めてもらいたい?」「うぅ・・」「どう?トリプルエックスちゃん?舐めてもらおうか?」AV女優は小さく頷いた。『やはり』と思った、AV女優のM心に火がついたのだ。「じゃあ、自分でお願いしなよ」「・・も、もう一度、舐めてください・・」「おおっ!さすが神彼っ!ありがとーー!!」「いえーい!無修正ちゃん、最高っ!!!」「あはは、いいの?無修正?」トリプルエックスが聞いた。「あぁ、もう1セット、やっていいよ」こうしてAV女優はもう3分X3人のクンニを受けることになった。今度は舐めていない男二人がAV女優を両側から抑える。脚を開かせたまま胸を揉み、もう一人がマンコを舐める。AV女優は胸を揉まれても抵抗せず、何気に脚を押さえている男とキスをしたり、AV女優の体の反応はさっきよりも大きかった。「ああっう!!だめっ!!!だめーぇえええ!!!」男たちが抑えているAV女優の太もも、胸が真っ赤になるくらいAV女優は動けなくなっていた。しかし、腰がビクンビクンと大きく動いていて、口も半開きでヨダレを垂らし始めていた。するとそれを見ていたトリプルエックスの妻がAV女優の頭を抑えて「無修正ちゃん、いいなぁ、気持ちいいでしょ?お口、寂しいよね?」とAV女優の口に指を入れて舌をいじくりだした。「ああうぅう!!うぅぅ!!!」AV女優の口から一層ヨダレがあふれてきた。私にとっても、この場にいる誰にとってもものすごくエロい姿だったと思う。「無修正ちゃん、オマンコ舐められてるとこちゃんと見ないとだめでしょ?」とトリプルエックスの妻がAV女優の顔を下に向ける。「あんぅっ!!!」AV女優の唾液は胸にまで垂れ、胸を揉んでいる男がその唾液をAV女優の乳首に塗りたくる。連続して20分近くもマンコを舐め続けられるのだ、しかも3分という短い時間でその男は変わる。舌の感触も動きも、AV女優をいたぶる声ですら3分で変わるのだ。AV女優もこんな経験はしたことがないと思った。2回目のクンニの二人目のとき、AV女優はついにイッテしまった。「ああ・・いく・・うぅ・いくうぅう!!!」腰を前に突き出してAV女優は全身を痙攣させた。「おお!無修正ちゃんがイッタ!」「もう一度、イカセロ!!」「イッチャえ!無修正ちゃんっ!!」男たちはAV女優をイカそうとさらに盛り上がった。AV女優の手はすでにマンコを開いておられず、舐めている男は自分の指でAV女優のマンコを開き、クリを指先でこねながらマンコを舐めまくっていた。「ああ・・あ・・あ・・」最後の3人目の時、AV女優の声は途切れ途切れになるくらいイキまくっていた。「・・2、1・はい!終了!!!終了だー!!」トリプルエックスが大きな声で言った。AV女優は男たちの手から解放された。